コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存在と非存在 そんざいとひそんざいbeing and nonbeing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

存在と非存在
そんざいとひそんざい
being and nonbeing

有と非有ともいう。パルメニデスをはじめとするエレア派は,非存在の存在を絶対的に否定した。これに対してレウキッポスは非存在を前提とすることによって,物体とそれを取巻く空間という原子論的世界観に到達した。アリストテレス新プラトン主義では,可能態としての質料が存在である形相に対して非存在の位置におかれたから,この体系では生成はいわば非存在から存在への移行と考えられる。近世以後ではヘーゲルが存在と非存在を弁証法的見地から重視したほか,実存哲学が中心課題として取上げ (ハイデガーサルトル) ,否定し限定する力として非存在を積極的に評価した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

存在と非存在の関連キーワード普遍主義多と一存在論有無

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android