コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝堂山遺跡 こうどうさんいせきXiao-tang-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孝堂山遺跡
こうどうさんいせき
Xiao-tang-shan

中国山東省肥城県孝里鋪孝堂山にある遺跡。墳墓と祠堂がある。祠堂は陰刻の漢代画像石のあることで有名。南面する石灰岩の祠堂は間口 4.1m,奥行 2.5mで,前面中央には,八角形の柱が立てられ,桁を受けている。屋根は瓦ぶきを表現し,当時の木造建築物の姿を表わしている。画像石には,楼閣,人物,車馬行列,宴飲図,升鼎図などが浅く線彫されている。造営された年代は不明であるが,後漢永建4 (129) 年の追刻があり,それ以前のものと考えられている。なお孝堂山の祠堂は,漢代画像石を有する祠堂としては今日残る唯一の遺構である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

孝堂山遺跡の関連キーワードフェイチョン(肥城)県

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android