コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰刻 いんこくhollow relief

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰刻
いんこく
hollow relief

用語。陽刻に対する技法で,くぼみ彫,沈み彫ともいう。中王朝時代以後のエジプト美術に多くの遺例がみられる。イタリア語インタリオも陰刻を意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐こく【陰刻】

[名](スル) 文字や絵画などをくぼませて彫ること。⇔陽刻
[形動][文][ナリ]陰気で寒々としたさま。
「―な冬が彼岸の風に吹き払われた時」〈漱石行人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんこく【陰刻】

( 名 ) スル
彫刻で、文字・模様・画像の部分を平面からへこませて彫ること。また、その技法。陰文いんぶん。 ⇔ 陽刻
( 形動 ) [文] ナリ 
陰気で、厳しいさま。 「 -な冬が彼岸の風に吹き払われた時/行人 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の陰刻の言及

【浮彫】より

…彫刻の浮出しの程度,換言すれば奥行き空間の圧縮度に応じて,高浮彫alto rilievo,半浮彫(中肉浮彫)mezzo rilievo,低浮彫(薄肉浮彫)basso rilievoに分類される。これらは,いずれも彫刻が背景面より突出するいわゆる〈陽刻〉に属するが,浮彫の特殊な例としては,逆に背景面より彫刻が沈む〈陰刻〉,あるいは〈沈み彫〉があり,円筒印章の場合などは完全な陰刻の例であり,古代エジプトで慣用された手法では,彫刻そのものは低浮彫の陽刻であるが,輪郭線の部分で彫り込まれて,ぜんたいが背景面より沈んでいる,いわゆる〈くり型浮彫〉がある。 浮彫は,旧石器時代以来,聖所,神殿,聖堂に施される作品をはじめとして,祭壇,記念碑,工芸品,家具,印章など,多様な用途をもち,材料としては,石,土,木,金属,貴石,スタッコなど,技法としては,彫込み,彫塑,木型などによる打出し,鋳造などの技術が用いられる。…

※「陰刻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

陰刻の関連キーワードナーガールジュナコンダ遺跡イースター島遺跡群彫り込み・彫込み山上碑及び古墳慈恩寺大雁塔インダス文字フゴッペ洞窟アレッツォ焼宇智川磨崖碑采女氏塋域碑足羽山古墳群威奈大村墓誌インタリヨ千金甲古墳孝堂山遺跡宇治橋碑生沢 朗高麗白磁浦山古墳生命の木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android