孟冬(読み)モウトウ

大辞林 第三版の解説

もうとう【孟冬】

ははじめの意
冬のはじめ。初冬。
陰暦10月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐とう マウ‥【孟冬】

〘名〙 (「孟」は初めの意) 冬のはじめ。初冬。また、陰暦一〇月の異称。《季・冬》
※性霊集‐七(835頃)笠大夫奉為先妣造大曼荼羅像願文「天長元年孟冬廿二日」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の孟冬の言及

【立冬】より

…七十二候の〈山茶始めて開く〉の候に入り,旧暦の日付では9月15日~10月15日となる。10月を孟冬,11月を仲冬,12月を季冬といい,10~12月を冬としていたが,立冬からを冬と扱う場合もある。詩歌の題材としては立冬は立春や立秋ほど珍重されていない。…

※「孟冬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android