孟冬(読み)モウトウ

  • ×孟冬
  • もうとう マウ‥
  • もうとう〔マウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「孟」は初めの意) 冬のはじめ。初冬。また、陰暦一〇月の異称。《季・冬》
※性霊集‐七(835頃)笠大夫奉為先妣造大曼荼羅像願文「天長元年孟冬廿二日」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の孟冬の言及

【立冬】より

…七十二候の〈山茶始めて開く〉の候に入り,旧暦の日付では9月15日~10月15日となる。10月を孟冬,11月を仲冬,12月を季冬といい,10~12月を冬としていたが,立冬からを冬と扱う場合もある。詩歌の題材としては立冬は立春や立秋ほど珍重されていない。…

※「孟冬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android