コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学術百科事典 がくじゅつひゃっかじてんCyclopaedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学術百科事典
がくじゅつひゃっかじてん
Cyclopaedia

イギリスの百科事典編纂者イーフレイム・チェンバーズが編纂した2巻本の百科事典。『サイクロペディア』とも呼ばれる。初版は 1728年刊行。項目の掲載はアルファベット順。学芸や芸術,科学などの項目を扱うが,人名および地名の項目はない。 1751~52年までに7版がロンドンで出版された。チェンバーズの死後,追加7巻分の内容が初めはジョン・ルイス・スコット,のちにジョン・ヒルによって再編纂され,1753年にフォリオ判2巻の補遺として刊行された。チェンバーズは 1739年『学術百科事典』のフランス語版出版の要請を断ったが,このとき企画されたフランス語訳の作業が,のちにフランスの哲学者・翻訳家のドゥニ・ディドロと数学者ジャン・ダランベールが編集した 18世紀フランスの大百科事典『百科全書』 Encyclopédieの出発点となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

学術百科事典の関連キーワードチェンバーズ百科事典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android