コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫崎 まごさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫崎
まごさき

徳島県北東端,鳴門市北東部の大毛島北端部にある岬。対岸の淡路島門崎 (とざき) との間,約 1.34kmが鳴門海峡 (大鳴門) で,大鳴門橋 (1985.6完成) がかかっている。付近は鳴門公園で,展望台千鳥ヶ浜,七州台,千畳敷など景勝地が多く,周辺は瀬戸内海国立公園に属する。ワカメ,タイが名物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕孫崎(まごさき)


徳島県鳴門(なると)市北東部、大毛(おおげ)島北東端の岬。1985年(昭和60)、鳴門海峡対岸の淡路(あわじ)島の門崎(とざき)とを結ぶ大鳴門(おおなると)橋(全長1629m)が完成。孫埼(さき)灯台がある。瀬戸内海国立公園に属する。岬一帯の鳴門公園はうず潮観潮の名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孫崎の関連情報