コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門海峡 なるとかいきょう

7件 の用語解説(鳴門海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴門海峡
なるとかいきょう

兵庫県淡路島の南西部,南あわじ市の門崎 (とざき) と,四国の北東端,徳島県鳴門市の孫崎との間の海峡。幅 1.34km。淡路島と四国の間が陥没してできた海峡で,大小の島や暗礁がある。有名な渦潮は,瀬戸内海と外洋の海潮が干満の交代時に暗礁とからみ合って出現するもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なると‐かいきょう〔‐カイケフ〕【鳴門海峡】

徳島県鳴門市孫崎と兵庫県の淡路島の門崎(とざき)との間の海峡。内海側の播磨灘(はりまなだ)と外洋側の紀伊水道との干満による海面差が大きいことから、潮の流れが急で、渦潮を生じる。昭和60年(1985)完成の大鳴門橋が架かる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳴門海峡【なるとかいきょう】

徳島県鳴門市大毛島の孫崎と兵庫県淡路島の門崎との間の海峡。播磨灘(はりまなだ)と紀伊水道を分け,幅約1400m。播磨灘に入る太平洋の潮波はおもに明石海峡を通るので,海峡の南北では大潮時に1.4mの落差ができ,10ノットに及ぶ潮流が生じる。
→関連項目淡路島西淡[町]瀬戸内海徳島[県]鳴門[市]南淡[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なるとかいきょう【鳴門海峡】

徳島県鳴門市大毛島の孫崎と兵庫県淡路島の門(と)崎との間の幅約1300mの海峡。古くは《土佐日記》に〈阿波の水門(みと)〉と記されている。島田島と四国本土との間の小鳴門(こなると)と区別して大鳴門(おおなると)ともいう。海底は中央部にV字形の最深部があり,水深90mに達する。海峡を出た南北両側には海釜(かいふ)があり,紀伊水道側で水深153m,播磨灘側で217mある。この海釜は落差のある潮流により海底が浸食されて形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なるとかいきょう【鳴門海峡】

徳島県鳴門市孫崎と、淡路島の門崎とざき間の狭い海峡。瀬戸内海と紀伊水道を結ぶ。潮の干満の際、内海と外海の海面の高さに差が生じるため、潮流はとどろく急流となって約六時間を周期として一方から他方へ流れ込み、大小の渦巻を作る。大鳴門橋が架かる。「阿波の鳴門」「鳴門の浦」などと和歌に詠まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕鳴門海峡(なるとかいきょう)


徳島県北東端と兵庫県淡路(あわじ)島南西端の間の海峡。急潮と渦潮(うずしお)で名高い東側の大鳴門と西側の小鳴門の2水道がある。大鳴門は幅約1.4kmで、最大潮流は北流9.9ノット、南流9.4ノットに達する。海底の岩盤が複雑で、海峡の北と南で潮汐(ちょうせき)に時間差があるため、渦潮現象が起きる。紀伊(きい)水道と瀬戸内海を結ぶ最短コースだが、難航路のため航行する船舶はおおむね500トン以下のものが多い。大鳴門橋・小鳴門橋が架かる。付近ではタイ漁やワカメ養殖が盛ん。観潮(かんちょう)の観光船が人気。一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴門海峡
なるとかいきょう

四国と淡路(あわじ)島間にある海峡。徳島県大毛(おおげ)島の孫(まご)崎と兵庫県淡路島南西端の門崎(とさき)間で、幅約1350メートル。最深部約90メートル。急潮で知られ、瀬戸内海国立公園の一中心となっている。門崎西方300メートルに中瀬(なかせ)とよばれる浅い岩礁があり、海峡を二分している。中瀬東方を小落(こお)とし、西方を大落としと称し、いわゆる「鳴門の渦潮」が生じるのは、幅約900メートルの大落としの部分である。
 鳴門海峡の急潮は、狭い海峡を挟んで内海側の播磨灘(はりまなだ)と外洋側の紀伊水道の干満による水面の差が大きいことから生じる。外洋の干潮時に播磨灘から紀伊水道に流れる潮を落潮(おちしお)(順潮)といい、満潮時にその逆に流れるのを逆潮(さかしお)という。落潮と逆潮は約6時間で交替し、両方の海域の水位がほぼ平均したときを八重(やえ)潮とよぶ。急な潮流と大きな渦がみられるのは落潮のときで、毎月大潮のときは渦流が大きく、とくに旧暦3月3日ごろの大潮のときは水位差も約2メートルになり、潮の流れは時速18キロメートルに達する。渦は直径約10メートルのものが数個生じ、南へ移動しながら数十秒間続く。観潮には淡路島の福良(ふくら)港、鳴門市亀浦港から出る観潮船によるが、大毛島北部の鳴門公園の展望台から望むこともできる。
 1976年(昭和51)、本州四国連絡橋の神戸・鳴門ルートの一環として大鳴門橋の建設が始まった。全長1629メートルの吊橋(つりばし)で、1985年に完成。鳴門海峡は『日本書紀』神代紀に「粟門(あわのみと)」とあり、「潮すでにはなはだ急(はや)し」と記される。『万葉集』など古歌にも多く詠まれ、紀貫之(きのつらゆき)の『土佐日記』には、大毛島の土佐泊(どまり)に寄港し、海賊の来襲を避けて「夜なかばかりに船を出(い)だして、阿波(あわ)の水門(みと)を渡る」と書かれている。なお、海峡では古来タイの一本釣りや鳴門ワカメの採取が行われ、味のよいことで知られる。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴門海峡の関連キーワードあわじ淡路〈町〉兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県淡路市尾崎兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市楠本兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野兵庫県淡路市多賀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴門海峡の関連情報