コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳴門橋 おおなるときょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鳴門橋
おおなるときょう

徳島県鳴門市大毛島孫崎と兵庫県淡路島門崎を結ぶ吊橋本州四国連絡橋の1つ。全長 1629m,主塔高 144.38m。 1985年開通。2階構造になっており,上部は6車線の自動車専用道路下部は鉄道用で新幹線規格になっている。 98年に明石海峡大橋が開通し,本州と四国が神戸淡路鳴門自動車道で結ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおなるときょう【大鳴門橋】

淡路島と四国を結ぶ、鳴門海峡にかかるつり橋。本四連絡橋の神戸・鳴門ルートにある。全長1629メートル。1985年(昭和60)完成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鳴門橋
おおなるときょう

本州四国連絡橋(神戸―鳴門ルート)の一つで、淡路島と四国を結ぶ。神戸淡路鳴門自動車道が通る道路単独橋。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大鳴門橋の言及

【鳴門海峡】より

…満潮時には逆潮(さかしお)といって北流し播磨灘側に渦をつくり,干潮時には落潮(おちしお)といって南流し大きな渦を紀伊水道側につくる。 1985年この海峡に本州四国連絡橋明石~鳴門ルートの大鳴門橋(中央径間長876m)が完成。また徳島より淡路島に送電するため,1961年巨大な鉄塔により全長1716mの送電線が海峡を越えて架けられた。…

※「大鳴門橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鳴門橋の関連情報