コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫恩・盧循の乱 そんおんろじゅんのらん

1件 の用語解説(孫恩・盧循の乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そんおんろじゅんのらん【孫恩・盧循の乱】

中国,東末の宗教反乱。時に宮廷は紊乱(びんらん)して政府軍と対立,社会不安が広がった。有力な五斗米道(ごとべいどう)の指導者だった叔父の跡をついだ孫恩Sūn Ēnはこの機に乗じて信徒と蜂起(399),土豪層も呼応して大勢力となり,江南一帯を攻略したが,劉裕(宋の武帝)に追撃されて自殺。妹婿盧循が残党を率いて広東に割拠するが,再び劉裕に敗れて壊滅した(411)。この反乱で東晋王朝は衰退,一武将劉裕が台頭する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孫恩・盧循の乱の関連キーワード教学宗教教育上帝会ティーレラスプーチン異教紅巾の乱呉広朝憲紊乱紊乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone