孫恩・盧循の乱(読み)そんおんろじゅんのらん

世界大百科事典 第2版の解説

そんおんろじゅんのらん【孫恩・盧循の乱】

中国,東末の宗教反乱。時に宮廷は紊乱(びんらん)して政府軍と対立,社会不安が広がった。有力な五斗米道(ごとべいどう)の指導者だった叔父の跡をついだ孫恩Sūn Ēnはこの機に乗じて信徒と蜂起(399),土豪層も呼応して大勢力となり,江南一帯を攻略したが,劉裕(武帝)に追撃されて自殺。妹婿盧循が残党を率いて広東に割拠するが,再び劉裕に敗れて壊滅した(411)。この反乱で東晋王朝は衰退,一武将劉裕が台頭する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android