コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐の使 うさのつかい

大辞林 第三版の解説

うさのつかい【宇佐の使】

国家の大事、天皇即位などの際、宇佐神宮に遣わされ奉告し幣帛を奉った勅使。奈良時代から行われた。即位の報告には平安初期から和気わけ氏があてられた。うさづかい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宇佐の使の関連キーワード宇佐神宮奈良時代勅使幣帛

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android