コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙ごみ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宇宙ごみ

寿命が尽きた人工衛星ロケット残骸などを指す。10センチ以上のごみで約1万6千個、より小さなごみも含めると数十万~数千万個に上るとされる。低軌道だと、地球の周りを新幹線の100倍近い時速約2万7千キロの猛スピードで周回し、使用中の衛星などに衝突して破壊する危険が指摘されている。米国などは監視しているが、除去は進んでいない。

(2011-01-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙ごみの関連情報