コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超銀河団 ちょうぎんがだん super cluster of galaxies

6件 の用語解説(超銀河団の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

超銀河団

銀河群」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぎんがだん〔テウ‐〕【超銀河団】

複数の銀河団銀河群が網目状に連なった銀河の大集団。典型的な銀河団の10倍以上の質量をもち、1億光年以上の大きさで広がる。宇宙空間における銀河の分布には宇宙の大規模構造呼ばれる巨大な泡状の構造が見られ、多数の超銀河団が平面状に分布するグレートウォールという領域と、銀河がほとんど存在しないボイドという領域で構成されることが、1980年代以降、集中的に行われた観測により明らかになった。我々の銀河がある局部銀河群乙女座超銀河団に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

超銀河団【ちょうぎんがだん】

銀河団よりも一回り大きい銀河の集団体系。G.ド・ボークルーが,比較的明るい銀河の天球での分布が帯状の部分に集中していることを見出して,われわれのまわりの近距離の銀河が回転楕円体状の有限な体系を作っていると考え,1953年に超銀河系と呼んだのが始まり。
→関連項目銀河団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぎんがだん【超銀河団 supercluster of galaxies】

銀河団よりもひとまわり大きい集団体系の存在は,1953年すでにド・ボークルールGerard de Vaucouleursによって提唱され,超銀河系と呼ばれてきたが,70年代末になってそれが宇宙全域にわたる一般的構造であることが明らかにされ,名まえも超銀河団となった。ド・ボークルールは比較的明るい銀河の天球分布が,ちょうど恒星の場合の天の川のように帯状の部分に集中していることを見いだし,天の川の類推から,われわれのまわりの近距離銀河が,回転楕円体状の有限な体系を作っているものと考えた(図1に明るい銀河の天球分布図を示す)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超銀河団
ちょうぎんがだん
supercluster

銀河集まり銀河団といい,この銀河団の集合を超銀河団と呼ぶ。宇宙の大規模構造を形づくる網の目構造の一つの目にあたる。われわれの銀河系を含む局所超銀河団は直径約 5000万光年。われわれの銀河系を含む局所銀河群は,中心であるおとめ座銀河団のまわりを秒速約 1000kmで 500億年から 2000億年かかって回っているという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超銀河団
ちょうぎんがだん
supercluster of galaxies

銀河団より一回り大規模な銀河の集団体系。1950年代初期から提唱されていたその存在は、70年代末には宇宙全域にみられる一般的構造であることが明らかにされ、超銀河団と名づけられた。身近な例は局部超銀河団で、長径約1億光年の扁平(へんぺい)な円盤形に多くの銀河群や銀河団が集まっている。わが銀河系を含む局部銀河群はこの超銀河団の周辺部に位置しており、その中核部には、おとめ座銀河団が存在する。その後も多数の超銀河団がみいだされる一方、銀河がほとんどない空洞領域(ボイド)の存在も知られるようになり、宇宙の泡モデル(銀河は泡の表面に分布し、泡同士のくっつきあったところが超銀河団、内部の空洞がボイドに相当する)が提唱されている。[高瀬文志郎]
『小尾信彌著『銀河の科学』(1989・日本放送出版協会) ▽家正則著『銀河が語る宇宙の進化』(1992・培風館) ▽ハインツ・R・パージェル著、黒星瑩一訳『星から銀河へ――ハーシェルの庭』(1993・地人書館) ▽岡村定矩著『銀河系と銀河宇宙』(1999・東京大学出版会) ▽岡村定矩編『天文学への招待』(2001・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超銀河団の言及

【宇宙】より

…例えばわれわれの銀河系は,アンドロメダ銀河や大小のマゼラン銀河など約20個の銀河で小さな集団をつくっており,おとめ座銀河団はわれわれにもっとも近い大規模な銀河団で約2500個の銀河で構成されている。銀河団の大きさは数百万光年から数千万光年であるが,銀河団より上位の階層として,銀河や銀河団の集団として超銀河団の存在が確かであるらしい。ペルセウス‐うお座超銀河団,やまねこ‐おおぐま座超銀河団などいくつかの超銀河団の存在が提唱されているが,いずれも長さが数億光年の細長いチェーン状をしており,それらが銀河をほとんど含まない空虚な領域を取り囲んで,細胞(セル)あるいはハチの巣構造を示しているらしい。…

【銀河】より

…銀河は,明るいものが数個に暗いものがたくさん加わって,銀河群を形成したり,数百から数千の明るいものが集まって銀河団を形成している。さらに,複数の銀河団がその間に帯状に分布する銀河によってつながって,超銀河団を形成している場合もある。稠密(ちゆうみつ)な銀河団の構成銀河には,楕円型やS0型が多く,渦巻型は少ない。…

※「超銀河団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超銀河団の関連キーワード伴銀河銀河群聳立ひとまど一回り親銀河乙女座超銀河団局部超銀河団まわり猫エイベルのリッチネス階

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone