コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙往還技術試験機 うちゅうおうかんぎじゅつしけんき H-II Orbiting Plaine-Experimental; HOPE-X

1件 の用語解説(宇宙往還技術試験機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙往還技術試験機
うちゅうおうかんぎじゅつしけんき
H-II Orbiting Plaine-Experimental; HOPE-X

日本版スペースシャトルホープHOPEの設計・開発技術の飛行実証のための実験機。「ホープ」とほぼ同じ全長 16mのサイズで,機体システム制御システムの設計実証を行なう。 1994年の軌道再突入実験(Orbital Re-entry Experiment;OREX),1996年の極超音速飛行実験 HYFLEX および小型自動着陸実験 (Automatic Landing Flight Experiment;ALFLEX) の次の段階に相当し,さらに往還技術実証機 HOPE-XAによる全飛行フェーズの実証を経て「ホープ」の完成にいたる予定であったが,1997年6月橋本政権による財政構造改革で宇宙開発費も削減され,科学技術庁は「ホープ」の開発を中断。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙往還技術試験機の関連キーワードスペースラブスペースプレーンスペースシャトル・ディスカバリー号オービターオープンスペースシャトルミッションスペシャリスト全労済ホール スペース・ゼロシャトルえーすコロンビア(スペースシャトル)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone