地域住宅計画(読み)ちいきじゅうたくけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域住宅計画
ちいきじゅうたくけいかく

通称はホープ (HOPE) 計画。地域に根差した住まいづくりの試みを進める国土交通省補助事業。地域の持つ自然,伝統,文化,産業などの特性を生かしながら,将来に継承しえる質の高い居住空間整備のための計画を市町村主体になって作成する。これ自体としては法的な拘束力はない。 1983年度から毎年度 10~20市町村が実施している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android