極超音速飛行実験(読み)ごくちょうおんそくひこうじっけん(英語表記)Hypersonic Flight Experiment; HYFLEX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極超音速飛行実験
ごくちょうおんそくひこうじっけん
Hypersonic Flight Experiment; HYFLEX

日本版スペースシャトル「ホープ」 (HOPE) 開発の第2段階として行なわれた実験。大気圏に再突入する際の耐熱性空力特性,誘導制御などに関する実証を得る目的で,宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所 (→宇宙航空研究開発機構 ) が共同で開発した全長 4.4m,最大幅 1.36m,重量約 1073kgの実験機を 1996年2月,種子島宇宙センターからJ-Iロケットで打ち上げ,切り離し実験が行なわれ,各種データを得ることができた。パラシュートにより小笠原諸島近海に無事着水したが,フロートにつながるロープが切れたため機体の回収には失敗した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極超音速飛行実験の関連情報