コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極超音速飛行実験 ごくちょうおんそくひこうじっけん Hypersonic Flight Experiment; HYFLEX

1件 の用語解説(極超音速飛行実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極超音速飛行実験
ごくちょうおんそくひこうじっけん
Hypersonic Flight Experiment; HYFLEX

日本版スペースシャトルホープ」 (HOPE) 開発の第2段階として行なわれた実験。大気圏に再突入する際の耐熱性や空力特性誘導制御などに関する実証を得る目的で,宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所 (→宇宙航空研究開発機構 ) が共同で開発した全長 4.4m,最大幅 1.36m,重量約 1073kgの実験機を 1996年2月,種子島宇宙センターからJ-Iロケットで打ち上げ,切り離し実験が行なわれ,各種データを得ることができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極超音速飛行実験の関連キーワードスペースラブスペースプレーンスペースシャトル・ディスカバリー号オービターオープンスペースシャトルミッションスペシャリスト全労済ホール スペース・ゼロシャトルえーすコロンビア(スペースシャトル)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone