コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇津木瑠美 うつぎ るみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇津木瑠美 うつぎ-るみ

1988- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和63年12月5日生まれ。ポジションはDF。中学1年の平成13年日テレ・メニーナにはいり,翌年日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)登録選手となり,16年日テレ・ベレーザに入団。日本代表(なでしこジャパン)デビューは17年親善試合のニュージーランド戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。22年フランスのモンペリエHSC(女子)に移籍。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,決勝アメリカ戦に途中出場するなど金メダル獲得に貢献。27年FIFA女子ワールドカップ日本代表にえらばれ,全7試合中6試合に出場し,準優勝に貢献。姉の宇津木有香,宇津木めぐみはフットサルプレーヤー。東京都出身。栗原高(現・座間総合高)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇津木瑠美の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇津木瑠美の関連情報