守江(読み)もりえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守江
もりえ

大分県北東部,杵築市南東部の集落。国東半島南部にある。 1955年杵築市に編入。守江港砂嘴によって囲まれた天然の良港で,明治期は塩,青むしろの移出と衣料品,肥料の移入で繁栄したが,1911年豊州本線 (1923日豊本線) 開通後は沿岸漁業の港となった。静かな湾内はカキ,ノリの養殖地で,湾を見おろす丘陵地はミカンと米を中心とした農業地帯。砂嘴は住吉浜と呼ばれ,海水浴場,キャンプ場としてにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守江の関連情報