コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井仙知(8代) やすい・せんち

1件 の用語解説(安井仙知(8代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

安井仙知(8代)

没年:天保9.閏4.27(1838.6.19)
生年:安永4(1776)
江戸後期の囲碁棋士。伊豆三島(静岡県)の出身。幼いころ江戸で囲碁4家のひとつ7代安井仙知(仙角)に入門。初めは中野知得といい,この名が有名。寛政12(1800)年5段のとき跡目となり御城碁を務め始めた。文化11(1814)年に家督を継ぎ8代仙知。本因坊元丈は段位も並行して昇った同時代の好敵手ふたりの間で「元丈知得五十番碁」がある。また「ダメの妙手」と伝えられる一局も有名。両者,卓絶した技量と人徳を持ち,ともに名人碁所を争わなかった。<参考文献>島村俊広『知得』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

安井仙知(8代)の関連キーワード岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教天理教(てんりきょう)フットサルの女子チーム上野彦馬靭猿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone