コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井仙知(8代) やすい・せんち

1件 の用語解説(安井仙知(8代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

安井仙知(8代)

没年:天保9.閏4.27(1838.6.19)
生年:安永4(1776)
江戸後期の囲碁棋士。伊豆三島(静岡県)の出身。幼いころ江戸で囲碁4家のひとつ7代安井仙知(仙角)に入門。初めは中野知得といい,この名が有名。寛政12(1800)年5段のとき跡目となり御城碁を務め始めた。文化11(1814)年に家督を継ぎ8代仙知。本因坊元丈は段位も並行して昇った同時代の好敵手ふたりの間で「元丈知得五十番碁」がある。また「ダメの妙手」と伝えられる一局も有名。両者,卓絶した技量と人徳を持ち,ともに名人碁所を争わなかった。<参考文献>島村俊広『知得』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安井仙知(8代)の関連キーワード三島網代清九郎伊豆盛継河野元虎斎藤道歴林佐野林鉄元林門悦安井算知(2)安井仙知

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone