安井荘次郎(読み)やすい そうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井荘次郎 やすい-そうじろう

?-1928 大正-昭和時代前期の飛行家。
京都西陣の人。大正6年大阪子供博覧会で飛行機を購入し,岐阜の各務原(かがみがはら)飛行場で独習し二等飛行士となる。12年の関東大震災では各務原-大阪間の郵便飛行をおこなった。のち京都府船井郡須知(しゅうち)町(丹波町)に飛行場をつくり後進を指導した。墜落事故により昭和3年10月30日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android