コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安光南里 やすみつ なんり

1件 の用語解説(安光南里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安光南里 やすみつ-なんり

1810-1861* 江戸時代後期の儒者。
文化7年生まれ。土佐(高知県)幡多郡上川口村の大庄屋。大坂で篠崎小竹(しのざき-しょうちく)にまなんだとされる。家塾清風堂をひらき,おおくの子弟におしえた。万延元年12月8日死去。51歳。名は謙道,確。字(あざな)は子亭(享)。通称は繁太郎。著作に「外寇(がいこう)記事」「予防管見」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安光南里の関連キーワード炭酸塩岩脈文久神谷源内植村文楽軒榊原政令横田屋新兵衛歌川派ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone