安全器・安全機(読み)あんぜんき

精選版 日本国語大辞典「安全器・安全機」の解説

あんぜん‐き【安全器・安全機】

〘名〙
① =あんぜんそうち(安全装置)〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 電気回路中に設置する安全装置。過度の電流が流れるとヒューズが溶けて自動的に回路を遮断する。
※電気訳語集(1893)〈伊藤潔〉「Safety 〈略〉安全器、保安器」
③ とくに屋内配線の引込み点や分岐点に使われる磁製箱型のもの。安全開閉器。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android