安危(読み)あんき

精選版 日本国語大辞典「安危」の解説

あん‐き【安危】

〘名〙 (「あんぎ」とも) 安全と危険。安全であるか、危険であるかということ。
※和漢朗詠(1018頃)下「四海の安危は掌の内に照らし、百王の理乱は心の中に懸けたり〈白居易〉」
※源平盛衰記(14C前)一「一天の安危(アンキ)身に由り、万機の理乱掌に在りければ」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安危」の解説

あん‐き【安危】

安全であるか険であるかということ。「一国の安危にかかわる重大事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android