安危(読み)あんき

精選版 日本国語大辞典「安危」の解説

あん‐き【安危】

〙 (「あんぎ」とも) 安全と険。安全であるか、危険であるかということ。
※和漢朗詠(1018頃)下「四海の安危はの内に照らし、百王の理乱は心の中に懸けたり〈白居易〉」
源平盛衰記(14C前)一「一天の安危(アンキ)身に由り、万機の理乱掌に在りければ」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安危」の解説

あん‐き【安危】

安全であるか危険であるかということ。「一国の安危にかかわる重大事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android