安危(読み)あんき

精選版 日本国語大辞典 「安危」の意味・読み・例文・類語

あん‐き【安危】

〘名〙 (「あんぎ」とも) 安全と危険。安全であるか、危険であるかということ。
※和漢朗詠(1018頃)下「四海の安危は掌の内に照らし、百王理乱は心の中に懸けたり〈白居易〉」
源平盛衰記(14C前)一「一天の安危(アンキ)身に由り、万機の理乱掌に在りければ」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「安危」の意味・読み・例文・類語

あん‐き【安危】

安全であるか危険であるかということ。「一国安危にかかわる重大事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「安危」の読み・字形・画数・意味

【安危】あんき

安否。〔管子、参患〕君のなる以、國の安なる以のは、兵よりなるは(な)し。

字通「安」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android