安原方斎(読み)やすはら ほうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原方斎 やすはら-ほうさい

1736-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
元文元年生まれ。兄安原貞平(さだひら)に師事,のち江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。寛政2年伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)藩につかえた。享和元年死去。66歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は寛。字(あざな)は三吾,得衆。通称は富次郎。別号に知言。著作に「紀効新書撮解」「兵学須知(すち)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android