安富泰重(読み)やすとみ やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安富泰重 やすとみ-やすしげ

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
肥前高来郡(長崎県)深江村の地頭。建武(けんむ)3=延元元年(1336)足利尊氏の京都攻めにしたがう。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で九州を制圧した足利直冬(ただふゆ)方につき,一時南朝方となる。のちふたたび幕府方についた。通称は次郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android