安居院浄俊(読み)あんごいん じょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安居院浄俊 あんごいん-じょうしゅん

?-1335* 鎌倉時代の僧。
京都の天台宗三千院の執事。殿法印良忠とともに護良(もりよし)親王を補佐。建武(けんむ)の新政後,足利尊氏・直義(ただよし)兄弟の讒言(ざんげん)にあい,建武元年12月12日殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android