コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中先代の乱 なかせんだいのらん

6件 の用語解説(中先代の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中先代の乱
なかせんだいのらん

建武2 (1335) 年7月北条高時の遺子時行が,信濃の諏訪頼重らの援助で鎌倉幕府再興を企て,足利直義を破って鎌倉を占拠したが,8月足利尊氏に鎮圧された事件。中先代というのは,先代 (高時以前) と当代 (足利氏時代) との中間の代の意で,時行の鎌倉占拠の期間をさし,また時行自身をさしていう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかせんだい‐の‐らん【中先代の乱】

建武2年(1335)北条時行鎌倉幕府の再興を図って起こした反乱。鎌倉を征圧した20日後に足利尊氏に滅ぼされた。二十日先代の乱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中先代の乱【なかせんだいのらん】

1335年北条高時の子時行が起こした反乱。時行は鎌倉幕府の復活をめざし諏訪氏に擁せられて信濃(しなの)で挙兵,足利直義を追って鎌倉を占領したが,東下した足利尊氏軍と戦って敗死。
→関連項目佐夜ノ中山橋本宿北条時行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかせんだいのらん【中先代の乱】

1335年(建武2)7月北条高時の次男北条時行が建武政権に抗して起こした反乱。当時執権北条氏を先代と呼んだので,その再興を図った時行を中先代と称した。この年6月,北条氏と親密であった公卿西園寺公宗の建武政権転覆の陰謀が発覚したが,公宗と呼応するはずであった時行は,旧北条氏御内人(みうちびと)諏訪頼重らに擁せられて信濃に挙兵し,武蔵に進んで女影原,小手指原,府中に足利軍を破った。当時成良親王を奉じ鎌倉にあって関東を治めていた足利直義は,武蔵井出の沢に時行軍を防いだが敗れ,幽閉中の護良親王を斬らせ,成良親王を擁して東海道を西走し,時行軍は鎌倉を占拠した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかせんだいのらん【中先代の乱】

北条時行が、建武政権に対し鎌倉幕府再興を図って1335年に起こした乱。一時鎌倉を占拠したが、足利尊氏により鎮圧された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中先代の乱
なかせんだいのらん

1335年(建武2)、北条高時(たかとき)の遺児時行(ときゆき)が鎌倉幕府再興を企図し、建武(けんむ)政府に対して起こした乱。鎌倉時代の北条氏を「先代(せんだい)」、室町幕府の足利氏を「当代(とうだい)」とよぶのに対し、時行を「中先代」ということから、このように称される。鎌倉幕府滅亡の直後から北条氏与党の反乱が各地で頻発した。そのようななかで33年(元弘3・正慶2)6月、後醍醐(ごだいご)天皇を暗殺しようとする北条高時の弟泰家(やすいえ)(時興(ときおき)と改名)、西園寺公宗(さいおんじきんむね)の陰謀が発覚した。この計画に呼応するはずであった時行は、翌月諏訪頼重(すわよりしげ)らとともに信濃(しなの)で挙兵。守護小笠原貞宗(おがさわらさだむね)の軍を破り、女影原(おなかげはら)(埼玉県日高市)、小手指ヶ原(こてさしがはら)(埼玉県所沢市)、府中(ふちゅう)(東京都府中市)において足利軍と戦い、井出沢(いでのさわ)(東京都町田市)においては、直義(ただよし)軍を撃破した。25日、故地鎌倉を奪還、公文所(くもんじょ)を設置した。しかし直義軍の援助のため京都から下ってきた尊氏(たかうじ)に、橋本(静岡県浜名郡)、箱根、相模(さがみ)川などの戦いに敗れ、8月19日、わずか20日ばかりで鎌倉を奪われた。このことから、「二十日先代の乱」ともよぶ。諏訪頼重は自刃。時行は逃れた。これにより鎌倉入りした尊氏は、たび重なる後醍醐天皇の上洛(じょうらく)命令に従わず、征夷(せいい)大将軍を自称し、建武政権に謀反、足利政権樹立の第一歩を踏み出した。[奥富敬之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中先代の乱の言及

【信濃国】より

…これら荘園からの年貢は白布が中心であった。
[南北朝・室町時代]
 建武新政権誕生後,信濃国では諏訪氏を中心とした前代の北条氏勢力が残り,1335年(建武2)7月北条高時の子時行を擁して中先代(なかせんだい)の乱をおこした。中先代軍は一時鎌倉を奪ったが,足利尊氏,直義のまき返しにあい失敗に終わった。…

【北条時行】より

…35年(建武2)西園寺公宗と通じて挙兵。足利直義軍を破って鎌倉を占領したが,東下した足利尊氏軍に敗れた(中先代の乱)。37年南朝に帰順し,西上する北畠顕家軍に従軍する。…

※「中先代の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中先代の乱の関連キーワード相模入道諏訪頼重中先代安達高景工藤新左衛門五大院宗繁諏訪頼重(1)北条登子北条時顕北条高時法師与党人跡闕所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone