コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護良親王 もりながしんのう

12件 の用語解説(護良親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

護良親王

建武政権下の征夷大将軍後醍醐天皇の皇子。母は源親子。法名は尊雲、大塔宮は号。若くして梶井門主を継いで天台座主となる。父天皇の討幕計画に協力して、元弘の乱の頃に環俗して護良親王と改名、熊野・吉野辺に潜行して国々諸方に令旨を発し勤王の兵を募る。建武新政下では征夷大将軍、兵部卿に任命、しかし足利氏と対立して讒訴にあい、鎌倉の足利直義の監視下に幽閉された。中先代の乱にて、建武2年(1335)薨去。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もりなが‐しんのう〔‐シンワウ〕【護良親王】

[1308~1335]後醍醐天皇の第1皇子。名は「もりよし」とも。落飾して天台座主(ざす)となり、尊雲と号す。元弘の変に僧兵を率いて活躍、還俗して護良と改め、建武新政府では征夷大将軍となったが、のち、足利尊氏と反目、鎌倉に幽閉され、中先代(なかせんだい)の乱で殺された。大塔宮(おおとうのみや)。

もりよし‐しんのう〔‐シンワウ〕【護良親王】

もりながしんのう(護良親王)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

護良親王【もりながしんのう】

護良親王(もりよししんのう)

護良親王【もりよししんのう】

〈もりなが〉とも読む。後醍醐天皇の皇子。初め出家して尊雲と称し,世に大塔宮(おおとうのみや)という。元弘の乱に僧兵を率いて活躍,この間に還俗(げんぞく)して護良と称した。
→関連項目鎌倉宮親王将軍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

護良親王 もりよししんのう

1308-1335 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。
延慶(えんきょう)元年生まれ。母は源親子。出家して梶井門跡(もんぜき),天台座主(ざす)となり,大塔宮(おおとうのみや)と称される。父天皇の討幕運動に協力し,元弘(げんこう)の乱に際し還俗(げんぞく)して吉野に挙兵した。建武(けんむ)の新政で征夷(せいい)大将軍となるが,足利尊氏と対立。謀反(むほん)の罪で鎌倉に幽閉され,建武2年7月23日中先代(なかせんだい)の乱のとき殺された。28歳。法名は尊雲。
【格言など】武家(尊氏)よりも君(父天皇)のうらめしく渡らせ給ふ(「梅松論」)

護良親王 もりながしんのう

もりよししんのう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

護良親王

没年:建武2.7.23(1335.8.12)
生年:延慶1(1308)
鎌倉末・南北朝期の皇族。後醍醐天皇の皇子。母は源師親の娘親子。文保2(1318)年2月,三千院(梶井門跡)に入室したと伝える。嘉暦1(1326)年9月,落飾して尊雲法親王と号した。翌年天台座主に補任された。元徳1(1329)年延暦寺大講堂を修理した。天台座主への就任は,延暦寺の勢力を討幕運動に組み込むための布石であった。後醍醐天皇の第2次討幕運動(元弘の変)に際し,弟尊澄法親王(宗良親王)と共に八王子に布陣したが,六波羅軍との合戦に敗れ,楠木正成の籠もる赤坂城へと逃れた。しかし,赤坂城も落ちたため,十津川,熊野へと逃れ,再起を期して,畿内各地の野伏,地侍に呼びかけ反幕府軍を組織した。正慶1/元弘2(1332)年11月,還俗して護良と改名,吉野で挙兵し討幕の令旨を各地の反幕府勢力に送った。この令旨に応じて,楠木正成が千早城で,赤松則村が播磨苔縄城(兵庫県上郡町)で挙兵した。千早城が鎌倉幕府軍に包囲されたとき,護良親王は吉野,十津川,宇多,内(宇智)郡の野伏に,兵糧米が包囲軍の手に渡らないように,往来の路を塞ぐことを命じている。のち,親王は河内信貴山に兵を進めて,赤松則村による京都侵入,六波羅攻撃を援助した。正慶2/元弘3年6月,後醍醐天皇が帰京して新政府を樹立した際,征夷大将軍の任官をめぐって足利尊氏と対立した。翌年10月,尊氏と阿野廉子の讒言を信じた天皇の命を受けた結城親光,名和長年らによって,清涼殿の和歌の席において捕縛された。翌月,鎌倉に護送され足利直義によって鎌倉二階堂東光寺に幽閉された。建武2(1335)年7月,北条時行が鎌倉へ侵攻した際(中先代の乱),直義の家人淵辺義博によって殺害された。墓所は二階堂理智光寺谷にある。護良親王を祭る鎌倉宮は明治2(1869)年に創建されたものである。<参考文献>佐藤和彦『太平記を読む』

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もりよししんのう【護良親王】

1308‐35(延慶1‐建武2)
後醍醐天皇の皇子。〈もりなが〉とも読む。母は北畠師親の女親子。北畠親房とはいとこ関係。当初,延暦寺大塔に入室,このため大塔宮(おおとうのみや)と称す。法名尊雲。1325年(正中2)梶井門跡,27年(嘉暦2)天台座主(ざす)となる。異例の若さで天台宗門の最高峰に立ったのは,父帝の討幕計画の一環として山門の勢力を掌握するためであった。29年(元徳1)座主に再任されたが,父帝の討幕運動の本格化とともにこれに応じ,32年(元弘2)還俗して護良と名のり,父帝の隠岐配流中討幕運動の中心として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もりながしんのう【護良親王】

もりよししんのう【護良親王】

1308~1335) 後醍醐天皇の皇子。世に大塔宮おおとうのみやとも称される。天台座主ざすとなり、法名を尊雲と号す。元弘の乱に僧兵を率いて活躍、還俗げんぞくして名を護良と改め、建武中興で征夷大将軍・兵部卿。のち足利尊氏と対立、鎌倉に幽閉され、足利直義に殺された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護良親王
もりながしんのう

[生]延慶1(1308).京都
[没]建武2(1335).7.23. 鎌倉
後醍醐天皇の皇子。母は権大納言源師親の娘,親子。名の「良」は「よし」と読む説もある。鎌倉幕府追討のため有力社寺との連絡を考慮した後醍醐天皇の意を受け,梶井門跡の大塔に入室。嘉暦1 (1326) 年落飾して尊雲と称し,世に大塔宮といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の護良親王の言及

【護良親王】より

…後醍醐天皇の皇子。〈もりなが〉とも読む。母は北畠師親の女親子。北畠親房とはいとこ関係。当初,延暦寺大塔に入室,このため大塔宮(おおとうのみや)と称す。法名尊雲。1325年(正中2)梶井門跡,27年(嘉暦2)天台座主(ざす)となる。異例の若さで天台宗門の最高峰に立ったのは,父帝の討幕計画の一環として山門の勢力を掌握するためであった。29年(元徳1)座主に再任されたが,父帝の討幕運動の本格化とともにこれに応じ,32年(元弘2)還俗して護良と名のり,父帝の隠岐配流中討幕運動の中心として活躍した。…

【鎌倉宮】より

…神奈川県鎌倉市にあり,後醍醐天皇の皇子護良(もりよし)親王をまつる神社。護良親王は,1334年(建武1)足利尊氏と反目して鎌倉に幽閉され,翌年足利直義に殺された。…

【建武新政】より

…配流地でもみずから定めた元弘の元号を使い続けた後醍醐は33年5月,光厳朝の人事をいっさい認めず旧に復し,関白を廃止,6月には元弘の乱中の所領の移動ももとに戻し,敵対者の所領,幕府建立の寺院領を没収,所領の安堵・移動はすべて綸旨によるという綸旨絶対の政治を,腹心の貴族・武士で構成した記録所・恩賞方を通じて推進した。しかし討幕に大功ある護良(もりよし)親王の要求する征夷大将軍の職を認めざるをえず,所領に不安を抱く武士たちが安堵の綸旨を求めて京に殺到,足利尊氏の下に集まるものも多く,新政は直ちに障害に逢着する。これに対し7月,後醍醐は敵対者の範囲を北条氏一族に限定し,当知行安堵を国司の所管とした諸国平均安堵法を発し,旧幕府の官僚を採用して所領相論の裁決権を持つ雑訴決断所を設置,綸旨万能を緩和した。…

※「護良親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

護良親王の関連情報