安東節庵(読み)あんどう せつあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東節庵 あんどう-せつあん

1785-1835 江戸時代後期の儒者。
天明5年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩で代々藩儒をつとめる安東家の養子となり,のち肥後熊本藩の高本紫溟(しめい)にまなぶ。文政7年柳河藩に藩校伝習館が創設され,その教授となる。天保(てんぽう)6年3月5日死去。51歳。本姓は多賀。名は守礼。字(あざな)は子和。通称は助四郎。著作に「瞰蔗堂詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる