コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東節庵 あんどう せつあん

1件 の用語解説(安東節庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東節庵 あんどう-せつあん

1785-1835 江戸時代後期の儒者。
天明5年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩で代々藩儒をつとめる安東家の養子となり,のち肥後熊本藩の高本紫溟(しめい)にまなぶ。文政7年柳河藩に藩校伝習館が創設され,その教授となる。天保(てんぽう)6年3月5日死去。51歳。本姓は多賀。名は守礼。字(あざな)は子和。通称は助四郎。著作に「瞰蔗堂詩鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安東節庵の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水ロシア音楽フランツ田能村竹田ドゥーフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone