コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高本紫溟 たかもと しめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高本紫溟 たかもと-しめい

1738-1814* 江戸時代中期-後期の儒者。
元文3年生まれ。朝鮮の王族李氏の子孫高本氏の養子。肥後熊本藩の医師。のち藩校時習館の教授となる。国学にも通じて本居宣長(もとおり-のりなが)らとまじわり,高山彦九郎とも親交をむすぶ。「銀台遺事」を編集した。文化10年12月26日死去。76歳。本姓は原田。名は順(したごう)。字(あざな)は子友。通称は慶順,慶蔵,のち敬蔵。著作に「座右観省(ざゆうかんせい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高本紫溟の関連キーワード田能村竹田本城太華佐竹蓬平安東節庵安野南岳嵯峨朝来阿蘇惟典李紫溟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android