多賀(読み)たが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多賀
たが

茨城県北東部,日立市中部の商工業地区。旧町名。 1955年日立市に編入。電機関係の大工場が立地

多賀
たが

静岡県東部,伊豆半島の東岸,熱海市の地区。旧村名。網代温泉の一部をなし,海岸寄りにホテル,旅館,民宿が多い。遠浅で波静かな海岸で,夏のシーズンには海の家が開かれ,海水浴場や舟釣り,磯釣りの好適地。背後の日当りのよい傾斜地にミカン園の造成が目立つ。熱海市指定文化財としての鹿島踊,水浴びせ式の行事で知られる多賀神社などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たが【多賀】

滋賀の日本酒。酒名は、地元の多賀神社に由来し、「賀(よろこび)」多い酒として命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は鈴鹿山系の伏流水。蔵元の「多賀」は昭和42年(1967)創業。所在地は犬上郡多賀町大字中川原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

たが【多賀】

滋賀県中東部、犬上郡の町。鈴鹿山脈の西麓にある。多賀大社の鳥居前町として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たか【多賀】

(「たが」とも) 山城国綴喜(つづき)郡の郷名。現在の京都府綴喜郡井手町の一帯にあたる。

たが【多賀】

[一] 茨城県北東部の郡名。北茨城・高萩の各市および日立市の北部に相当。
[二] 兵庫県淡路市の地名。淡路国一宮伊弉諾(いざなぎ)神宮がある。
[三] 陸奥国宮城郡の郷名。現在の宮城県多賀城市あたりをいう。上古より奥州の鎮所とされ多賀城が置かれた。天平(七二九‐七四九)以後は国府として中世に至るまで栄えた。
[四] 滋賀県犬上郡の地名。多賀大社の門前町として発達した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多賀の関連情報