コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀 たが

6件 の用語解説(多賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多賀
たが

茨城県北東部,日立市中部の商工業地区。旧町名。 1955年日立市に編入。電機関係の大工場が立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

多賀
たが

静岡県東部,伊豆半島の東岸,熱海市の地区。旧村名。網代温泉の一部をなし,海岸寄りにホテル,旅館,民宿が多い。遠浅で波静かな海岸で,夏のシーズンには海の家が開かれ,海水浴場や舟釣り,磯釣りの好適地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たが【多賀】

滋賀の日本酒。酒名は、地元の多賀神社に由来し、「賀(よろこび)」多い酒として命名。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は鈴鹿山系の伏流水。蔵元の「多賀」は昭和42年(1967)創業。所在地は犬上郡多賀町大字中川原

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

多賀(たが)

滋賀県、多賀株式会社の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たが【多賀】

滋賀県中東部、犬上郡の町。鈴鹿山脈の西麓にある。多賀大社の鳥居前町として発展。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多賀の関連キーワード御多賀杓子大治郎滋賀県犬上郡多賀町多賀多賀神社加茂栄貴生娘金湖東海白鷺万里長三つ櫻

多賀の関連情報