安楽律(読み)あんらくりつ

精選版 日本国語大辞典の解説

あんらく‐りつ【安楽律】

〘名〙 天台宗に属し、小乗戒をあわせ修める一派。大乗の梵網(ぼんもう)戒に小乗の四分律(しぶんりつ)を加えたもの。寛文~元祿(一七世紀後半)の頃、妙立(みょうりゅう)およびその弟子霊空の提唱によって起こり、比叡山横川飯室谷(よかわいむろだに)の安楽律院を根本道場とした。安楽派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android