コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安楽律院(読み)あんらくりついん

百科事典マイペディアの解説

安楽律院【あんらくりついん】

比叡山横川(よかわ)飯室(いいむろ)谷にある天台宗安楽律法流の道場。985年叡桓(えいかん)が創建。江戸初期,小乗戒を軽視する伝統に反省を加えた安楽律運動の拠点として,1694年霊空(りょうくう)が住持して活躍。源信が《往生要集》をここで著したと伝える。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android