安殿(読み)あんどの

精選版 日本国語大辞典「安殿」の解説

あん‐どの【安殿】

天皇の住まわれる主要な御殿というで、奈良時代に賜宴授位などに使われた建物。大安殿(おおあんどの)小安殿(こあんどの)、内安殿(うちのあんどの)、外安殿(とのあんどの)、向小安殿(むかいのこあんどの)などの区別があったらしい。平安時代の大極殿も古くは「おおあんどの」といった。やすみどの。
書紀(720)天武一四年九月(北野本訓)「天皇、旧宮(ふるみや)の安殿(アントノ)の庭(おほは)(とよのあかりきこしめ)す」

やすみ‐どの【安殿】

〘名〙 天皇がを安らかにお治めになる御殿。天皇の住む御殿。あんどの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android