コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大安殿 だいあんでん

世界大百科事典 第2版の解説

だいあんでん【大安殿】

飛鳥浄御原宮と藤原宮にみる殿舎名。両宮にみえる大安殿は宴,賜物などの場として使用され,親王,侍従らを召しているところからみると内裏内の中心的建物と考えられる。また《続日本紀》大宝1年(701)正月条には大極殿(だいごくでん)とならんで記述されているので,大極殿とは別の建物である。また藤原宮では東安殿,飛鳥浄御原宮では内安殿,外安殿などの呼称がみえ,いずれも内裏内部の殿舎名と思われる。大安殿は名称からして,これら安殿中のもっとも重要な建物ということになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大安殿
おおやすみどの

飛鳥(あすか)・奈良時代の宮城(大内裏(だいだいり))にあった重要な殿舎。「おおあんどの」とも読む。しかし具体的な殿舎の姿はあまりよくわからず、685年(天武14)飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)で初めて記録に現れ、文武(もんむ)天皇の藤原宮、聖武(しょうむ)天皇の難波宮(なにわのみや)、恭仁宮(くにのみや)、紫香楽宮(しがらきのみや)、および平城宮にみえ、孝謙(こうけん)天皇の754年(天平勝宝6)を最後に、それ以後は記事がみえなくなる。天皇が出御(しゅつぎょ)して正月の踏歌の宴、斎会(さいえ)、朝賀などの儀式が行われた。本居宣長(もとおりのりなが)らは、大極殿の和風の名称であろうとの説をたてたが、その後史料の検討の結果、大極殿とは別の殿舎であることが判明した。行われた行事の重要さからみて、内裏の正殿(平安宮の紫宸殿(ししんでん)にあたる)とする説もあったが、現在では、大極殿院の一郭にあり、大極殿に匹敵する公的な儀式の場となりうる殿舎ではないかと考えられている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大安殿の関連キーワード小安殿賭博別名くじ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android