安田銕之助(読み)やすだ てつのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田銕之助 やすだ-てつのすけ

1889-1949 大正-昭和時代前期の軍人,国家主義者。
明治22年12月24日生まれ。大正13年渡欧中の東久邇稔彦(ひがしくに-なるひこ)付武官となる。昭和5年陸軍中佐で予備役。8年愛国勤労党の天野辰夫(たつお)らと神兵隊事件をおこした。14年皇道をとなえる「まことむすび社」を結成。昭和24年3月19日死去。61歳。熊本県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android