コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東久邇稔彦 ひがしくになるひこ

6件 の用語解説(東久邇稔彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東久邇稔彦
ひがしくになるひこ

[生]1887.12.3. 京都
[没]1990.1.20. 東京
大正・昭和期の軍人,政治家。久邇宮朝彦親王(くにのみやあさひこしんのう)の第9王子。兄に賀陽宮邦憲王(かやのみやくにのりおう),久邇宮邦彦王(くにのみやくによしおう),梨本宮守正王(なしもとのみやもりまさおう),朝香宮鳩彦王(あさかのみややすひこおう)がいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしくに‐なるひこ【東久邇稔彦】

[1887~1990]軍人。旧皇族。京都の生まれ。第二次大戦終結直後、首相として皇族内閣を組織し終戦処理にあたった。→幣原喜重郎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東久邇稔彦【ひがしくになるひこ】

元皇族。久邇宮朝彦王の第9子。1906年東久邇宮家を創立。陸軍大学卒後フランスに留学,第2,第4師団長,陸軍航空本部長等を歴任,1939年陸軍大将となる。戦後内閣(東久邇稔彦内閣)を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東久邇稔彦 ひがしくに-なるひこ

1887-1990 明治-昭和時代の皇族,軍人。
明治20年12月3日生まれ。中川宮朝彦親王の王子。明治39年東久邇宮家を創立。フランスに留学。昭和14年陸軍大将,16年防衛総司令官となる。20年初の皇族首相として内閣を組織し,終戦処理にあたったが,2ヵ月で総辞職。22年皇籍離脱。平成2年1月20日死去。102歳。陸軍大学校卒。日記に「一皇族の戦争日記」「東久邇日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしくになるひこ【東久邇稔彦】

1887‐1990(明治20‐平成2)
旧皇族,軍人。第2次大戦直後の首相。久邇宮朝彦親王の第9王子として京都で生まれる。陸軍士官学校卒業。1920年以来,フランスに7年間留学し,自由主義の気風を身につけた。陸軍の内部で皇道派と衝突,左遷された経験をもつ。敗戦直後の45年8月17日に最初の皇族内閣を組閣し,降伏文書調印,軍隊の復員・解体などの終戦処理にあたったが,占領軍との連絡調整に限界を感じ,組閣後2ヵ月で総辞職した。47年10月皇族の身分を離れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東久邇稔彦
ひがしくになるひこ
(1887―1990)

元皇族、軍人。久邇宮朝彦親王の第9子として京都に生まれる。1906年(明治39)東久邇宮家を創立。皇族の例として陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業した。夫人は明治天皇の第9皇女聡子(としこ)内親王。1920~1927年(大正9~昭和2)フランスに留学、自由主義的雰囲気に触れる。帰国後第二・第四師団長、陸軍航空本部長などを歴任、1938年第二軍司令官として華北に従軍、1941年には防衛総司令官となった。第二次世界大戦敗戦後、初の皇族首相として、終戦処理内閣を組織したが、10月4日GHQ(連合国最高司令部)の民主化指令に対応できず、総辞職した。1947年(昭和22)皇室典範等の改正で皇族の身分を離脱、その後新興宗教「ひがしくに教」の教祖として話題となった。[宮 章]
『東久邇稔彦著『東久邇日記』(1968・徳間書店) ▽長谷川峻著『東久邇政権・五十日 終戦内閣』(1987・行研出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東久邇稔彦の関連キーワード久邇宮邦彦王久邇宮恭仁子女王国労皇族会議ぺたん闇市久邇朝融東久邇聡子カワーム第2次大戦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東久邇稔彦の関連情報