安禅(読み)あんぜん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (いっさいの動揺を去り、身心安楽になるところから) 仏語。一心に坐禅を行なうこと。坐禅。
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・閏三月尽日慈恩寺即事〈藤原明衡〉「宴集華城文墨客、安禅松院薜蘿僧」
※伝光録(1299‐1302頃)脇尊者「ひるは参学誦経し、よるは安禅思惟して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android