脇尊者(読み)きょうそんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「脇尊者」の解説

脇尊者
きょうそんじゃ

2世紀ごろのインドの仏教の学僧。サンスクリット名はパールシュバPārśvaといい、「脇(わき)」の意味。「尊者」は尊称である。中インドまたは北インドの出身。仏教の有力な部派である説一切有部(せついっさいうぶ)の代表的論書『大毘婆沙論(だいびばしゃろん)』の編纂(へんさん)に中心的役割を果たしたといわれ、この論書のところどころに彼の説が伝えられている。出家したのが老年であったため、悟りを得るまでは脇をつけない(横にならない)という誓いをたてて修行に励み、3年で阿羅漢(あらかん)の悟りに達したので、この名を得たという。後の禅宗では伝法の第十祖として尊崇する。

[藤田宏達 2016年11月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android