コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝光録 でんこうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝光録
でんこうろく

『瑩山 (けいざん) 和尚伝光録』の略称。総持寺の開山である瑩山紹瑾禅師の撰述。2巻。正安年間 (1299~1302) 成立。釈尊から日本曹洞宗の懐弉までの祖師の法の相承略伝。曹洞宗では開祖道元の撰述による『正法眼蔵』とともに一宗宝典として尊重されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でんこうろく〔デンクワウロク〕【伝光録】

鎌倉時代の仏教書。2巻。瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)述。編者未詳。釈迦より達磨大師に至るインドの仏祖29人、慧能(えのう)より天童如浄に至る中国の祖師22人、日本の道元・懐奘(えじょう)の計53人の仏法相伝のありさまを述べ、参禅学道の指南としたもの。瑩山和尚伝光録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんこうろく【伝光録】

二巻。1300年、瑩山紹瑾述作。釈迦から達磨・慧能えのうを経て道元・懐奘えじように至る法の相承を明らかにしたもの。「正法眼蔵」と並ぶ曹洞宗の根本宗典。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝光録
でんこうろく

鎌倉末期の仏書。曹洞(そうとう)宗の太祖(たいそ)と称される瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が、1300年(正安2)正月11日から約1年間にわたり、加賀(石川県)の大乗寺で、門下の諸僧に対して正伝の仏法の道統を提唱したものを、侍者が編録した。漢文、片仮名の混淆(こんこう)体で記される。この種の語録としては珍しく、曹洞宗では、高祖(こうそ)道元(どうげん)の主著『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』と並んで、根本宗典として重要視されている。原本は散逸し、写本が20余種現存する。[東 隆眞]
『石川素童提唱『伝光録白字弁』(1925・大本山総持寺) ▽東隆眞校注『乾坤院本伝光録』(1970・隣人社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伝光録の関連キーワード孤峰 智璨鎌倉時代大乗寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android