コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝光録 でんこうろく

4件 の用語解説(伝光録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝光録
でんこうろく

『瑩山 (けいざん) 和尚伝光録』の略称。総持寺の開山である瑩山紹瑾禅師の撰述。2巻。正安年間 (1299~1302) 成立。釈尊から日本曹洞宗の懐弉までの祖師の法の相承の略伝。曹洞宗では開祖道元の撰述による『正法眼蔵』とともに一宗の宝典として尊重されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんこうろく〔デンクワウロク〕【伝光録】

鎌倉時代の仏教書。2巻。瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)述。編者未詳。釈迦より達磨大師に至るインドの仏祖29人、慧能(えのう)より天童如浄に至る中国の祖師22人、日本の道元・懐奘(えじょう)の計53人の仏法相伝のありさまを述べ、参禅学道の指南としたもの。瑩山和尚伝光録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でんこうろく【伝光録】

二巻。1300年、瑩山紹瑾述作。釈迦から達磨・慧能えのうを経て道元・懐奘えじように至る法の相承を明らかにしたもの。「正法眼蔵」と並ぶ曹洞宗の根本宗典。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝光録
でんこうろく

鎌倉末期の仏書。曹洞(そうとう)宗の太祖(たいそ)と称される瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が、1300年(正安2)正月11日から約1年間にわたり、加賀(石川県)の大乗寺で、門下の諸僧に対して正伝の仏法の道統を提唱したものを、侍者が編録した。漢文、片仮名の混淆(こんこう)体で記される。この種の語録としては珍しく、曹洞宗では、高祖(こうそ)道元(どうげん)の主著『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』と並んで、根本宗典として重要視されている。原本は散逸し、写本が20余種現存する。[東 隆眞]
『石川素童提唱『伝光録白字弁』(1925・大本山総持寺) ▽東隆眞校注『乾坤院本伝光録』(1970・隣人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝光録の関連キーワード永平清規開目鈔御伝鈔坐禅用心記永光寺寂室了光性禅尼珍山源照明照尼月鑑虚焞

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone