コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安良姫 やすらひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安良姫 やすらひめ

薩摩(さつま)(鹿児島県)安良神社の祭神。
内裏(だいり)の女官。川で直垂(ひたたれ)を洗濯中に白鷺の群れにみとれて片袖(かたそで)を流してしまった。このため処刑されるところを十一面観音にすくわれる。薩摩の横川にのがれたが,安良岳の頂上で自害。以後怪異現象がおこるので安良大明神としてまつられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例