コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸田面 あき たのも

1件 の用語解説(安芸田面の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸田面 あき-たのも

1815-1863 幕末の儒者。
文化12年8月1日生まれ。安芸荷青(かせい)の次男。阿波(あわ)徳島藩士。江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にはいり,林述斎,古賀侗庵(どうあん)らにまなぶ。万延元年儒者役,藩校長久館の漢学教授方となる。のち京都在勤となり公武合体論をとなえ,文久3年6月26日暗殺された。49歳。名は恭雅(やすまさ)。字(あざな)は茂吉。号は思温,梅軒,吉江漁夫。通称は別に頼母,雅四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安芸田面の関連キーワード牧輗柴秋邨先儒秋田稲人天方暦山菊池元春鬼頭仲次関仙籟中島黄山三木左三

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone