コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸田面 あき たのも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸田面 あき-たのも

1815-1863 幕末の儒者。
文化12年8月1日生まれ。安芸荷青(かせい)の次男。阿波(あわ)徳島藩士。江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にはいり,林述斎,古賀侗庵(どうあん)らにまなぶ。万延元年儒者役,藩校長久館の漢学教授方となる。のち京都在勤となり公武合体論をとなえ,文久3年6月26日暗殺された。49歳。名は恭雅(やすまさ)。字(あざな)は茂吉。号は思温,梅軒,吉江漁夫。通称は別に頼母,雅四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安芸田面の関連キーワード安芸菖渓安芸思温

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android