コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤喜八郎 あんどう きはちろう

1件 の用語解説(安藤喜八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤喜八郎 あんどう-きはちろう

?-1715 江戸時代中期の武士。
大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士。弟遠城(えんじょう)宗左衛門を殺して逃亡した同藩の生田伝八郎をさがしだし,正徳(しょうとく)5年11月4日大坂の崇禅寺で兄遠城治左衛門とともに,あだを討とうとして返り討ちにあう。この事件は浄瑠璃(じょうるり)「敵討崇禅寺馬場」などに脚色された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安藤喜八郎の関連キーワード河野宗鴎佐藤秀周佐野政親篠田松嶺嶋正祥志水閑事滝信彦蝶左坊土岐頼香武士八十氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安藤喜八郎の関連情報