コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤嶺丸 あんどう れいがん

2件 の用語解説(安藤嶺丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤嶺丸 あんどう-れいがん

1870-1943 明治-昭和時代前期の僧。
明治3年4月10日生まれ。真宗大谷派の布教師。明治35年各宗派の有志とともに仏教青年伝道会を創立。逓信・鉄道従業者に布教,鉄道共敬会を組織した。大正5年東京で釈迦(しゃか)生誕をいわう花祭りをはじめた。昭和18年10月29日死去。74歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤嶺丸

没年:昭和18.10.29(1943)
生年:明治3.4.10(1870.5.10)
明治から昭和期の真宗の僧。「花祭り」を日本で始めたことで有名。東京蓮窓寺の道英と登志の子。仏教の社会的活動に熱心で,明治29(1896)年,仏教青年会の一員として,三陸地方の大津波の被災地を慰問した。同35年に来馬琢道らと仏教青年伝道会の結成に参加,野外伝道を開始し,同40年には東京・浅草公園に伝道会館を建てた。翌年に逓信従業員に伝道を開始して鉄道共敬会を結成,また大正5(1916)年東京連合花祭り会をつくり,釈尊降誕会を花祭りとして大衆化した。<参考文献>常光浩然『明治の仏教者』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安藤嶺丸の関連キーワード瑜伽乗院亮深宝如上人卜半瑞山交子花祭唐行き稲葉道意是山恵覚原口針水宮崎円遵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone