コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤彦之進 あんどう ひこのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤彦之進 あんどう-ひこのしん

1839-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。藩校弘道館の武場掛となり,のち与力となる。元治(げんじ)元年天狗党(てんぐとう)の乱に際して武田耕雲斎と行動をともにし,京都にむかう途中で加賀金沢藩に降伏,元治2年2月15日敦賀(つるが)で処刑された。27歳。名は信順。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安藤彦之進の関連キーワードタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ロングフェローアメリカ音楽フォーレアメリカ合衆国史(年表)ジョイナー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android