安藤美紀夫(読み)あんどう みきお

  • 安藤美紀夫 あんどう-みきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1930-1990 昭和時代後期の児童文学者。
昭和5年1月12日生まれ。18年間北海道で高校教師をつとめ,のち日本女子大教授となる。昭和37年「白いりす」で産経児童出版文化賞,48年「でんでんむしの競馬」で日本児童文学者協会賞,野間児童文芸賞。平成2年3月17日死去。60歳。京都出身。京大卒。本名は一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android