コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童文化 じどうぶんか

5件 の用語解説(児童文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児童文化
じどうぶんか

一般的には,児童のための文化創造,文化財,文化施設ならびに児童自身の文化的創造活動をいう。広義には,児童生活に及ぼす文化的影響の総和をさし,家庭,学校,社会における日常生活から,教育や文化における人間形成の諸過程,社会的な児童保護までを意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じどう‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【児童文化】

児童の健全な育成のために計画・構成された文化。文化財として、玩具・図書・音楽・映画など、施設として児童館・児童図書館・遊園地などがあるほか、児童自身による文化的活動もいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じどうぶんか【児童文化】

児童を対象に,その心身の発達に資するように意識的に計画され構成された文化,および児童自身による文化活動の総称。古くは15世紀の室町時代から江戸時代初期にかけての御伽草子や,江戸時代の赤本などの草双紙おもちゃ絵など,子どもにも愛された文化があり,いろはかるたやすごろくなど,明らか児童文化とみなされる遊びの世界も,豊かに存在していた。しかし,日本において,文学,音楽,美術,演劇,遊びなどの各分野で,意識的に児童を対象とする仕事が始められるのは18世紀末から19世紀の初頭以後である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じどうぶんか【児童文化】

子供のために作り出される文化の総称。児童文学・児童劇など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児童文化
じどうぶんか

児童文化とは日本独特の用語で、通常、児童の健全な成長を目的として、大人が児童に与える文化財という意味で用いられる。
 用語自体は1930年(昭和5)ごろから使われ始めているが、児童文化がどういう原理によって体系化されているのか、まだ統一された定義としては定まっていないのが現状である。児童文化は、これまで児童文学者・研究者の菅忠道(かんただみち)、滑川(なめかわ)道夫、中山茂らをはじめとする何人かの手によって、広狭さまざまであるが定義されてきた。
 まず、一般的な定義として滑川道夫は、「(1)児童がみずから創造した文化、たとえば、児童詩、綴(つづ)り方・作文、児童画、各種の造型、遊び、演劇活動など、児童自身の創造的所産とみなされる性格をもつもの。(2)おとなが児童のために与える文化――テレビ、ラジオの児童番組、児童映画、児童劇、紙芝居、スライド、オモチャ、児童音楽、児童文学など、ひろい意味で児童の成長・発達のため与えるものをさす」という(『児童文化論』1970)。
 これに批判的なのが児童文学者の古田足日(たるひ)で、子供はさまざまの経験を通して文化を身につけていくものであり、この滑川規定は、その経験のうち一般文化にかかわるものや、子供の具体的な生活を切り落としたところに成立している、と考えるのである。実際に、子供は、一般文化から非常に大きな影響を受けて育つ。そこで、古田は、「子どもの生活とかかわりあって、その成長に重要な役割をはたすもの」として、(1)学校教育、(2)児童文化財、(3)「家庭の教育を含む社会全体のふんい気やあり方」の三つをあげている。このなかで、とくに(3)の「家庭の教育を含む社会全体のふんい気やあり方」は、古田独自の考えである。
 なお教育社会学者である片岡徳雄などが主張する「子ども文化」という考えもある。それについて簡単にいえば、子供の生活様式であり、その中心は子供の遊びである。また、教育社会学者の藤本浩之輔は、児童文化(論)が独自の研究領域と方法論を確立していくためには、あくまでも児童文化財を核にしながら、パーソナリティー形成論はもちろん、子供たちが置かれている状況に関する社会学的理論、コミュニケーション論、意味論、文化論などの研究方法や知見が採用されなければならない、としている。[西根和雄]
『滑川道夫著『児童文化論』(1970・東京堂出版) ▽本田和子著『児童文化』(1977・光生館) ▽片岡徳雄編『学校子ども文化の創造』(1979・金子書房) ▽日本教育社会学会編『新教育社会学辞典』(1986・東洋館出版社) ▽古田足日著『児童文化とは何か』(1996・久山社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児童文化の言及

【赤い鳥】より

…また,同誌は作家に子どものための作品を書く場を提供したばかりでなく,子どもにも自由な表現を促す場を提供した。そして,子どもの応募作品に対して,毎号,三重吉が綴方を,北原白秋が児童自由詩を,山本鼎(かなえ)が自由画を選び,批評し,指導することにより児童文化の領域を広めるとともに全国の子どもの表現に影響を与えた。身のまわりの現実の生活をリアルに描き出す子どもの作品に目を開かされた三重吉は,綴方をたんなる文章表現の練習としてでなく,〈人そのものを作りとゝのへる,`人間教育’の一分課〉ととらえた。…

※「児童文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児童文化の関連キーワード児童児童館児童心理学発達児童手当法児童発達支援乳児保育所放課後子ども教室栄養疫学重度心身障害者(児)医療給付

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児童文化の関連情報