コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤貞季 あんどう さだすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤貞季 あんどう-さだすえ

?-? 鎌倉時代の武将。
陸奥(むつ)津軽(青森県)の豪族。史料により,正中(しょうちゅう)2年(1325)蝦夷管領(えぞかんれい)をとかれた安藤季長(すえなが)と同一人物とも,季長の子とも,また季長にかわり蝦夷管領となった安藤宗季の別名ともされる。姓は安東ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone