安藤貞季(読み)あんどう さだすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤貞季 あんどう-さだすえ

?-? 鎌倉時代の武将。
陸奥(むつ)津軽(青森県)の豪族。史料により,正中(しょうちゅう)2年(1325)蝦夷管領(えぞかんれい)をとかれた安藤季長(すえなが)と同一人物とも,季長の子とも,また季長にかわり蝦夷管領となった安藤宗季の別名ともされる。姓は安東ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android