コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤適斎 あんどう てきさい

1件 の用語解説(安藤適斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤適斎 あんどう-てきさい

1779-1849 江戸時代後期の儒者。
安永8年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩士。享和元年取次役となり,物頭,学校掛合などをつとめる。朱子学が藩内の大勢をしめるなか,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の古文辞学派の立場をゆずらなかった。嘉永(かえい)2年7月18日死去。71歳。名は原淵。通称は郷右衛門。著作に「周易定論」「読書大義」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安藤適斎の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇葛飾北斎中村歌六中村歌六吉原(遊廓)ジェームズKポーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone