安達阿記子(読み)あだち あきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達阿記子 あだち-あきこ

1983- 平成時代の女子ゴールボール選手。
昭和58年9月10日生まれ。平成14年黄斑変性症を発症。18年福岡視力障害センターに入所してゴールボールに出会う。カテゴリーはB2。20年北京パラリンピックに出場して7位。22年IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)世界選手権で6位,アジア選手権で2位。同年日本選手権で優勝。24年ロンドンパラリンピックに出場し,決勝の中国戦で得点をあげるなどその攻撃力で金メダル獲得に貢献。リーフラス所属。福岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android