コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍道地溝帯 しんじちこうたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍道地溝帯
しんじちこうたい

島根県東部から鳥取県西部にかけて広がる低地帯。島根半島中国山地との間に位置。東西約 60km,南北約6~10kmで,東から弓ヶ浜中海松江平野宍道湖出雲平野の順に並んでいる。島根県の経済,文化の中心地人口密度も高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の宍道地溝帯の言及

【島根半島】より

…これが沖積平野の拡大によって本土と連結したものであり,こうした半島形成は《出雲国風土記》に伝えられる国引き神話とも符合する。本土との間の低地は宍道(しんじ)地溝帯と呼ばれ,西から出雲平野,宍道湖,松江平野,中海がある。半島東端付近には弓ヶ浜の砂州がのびて中海を抱き,半島の丘陵とは境海峡で隔てられる。…

※「宍道地溝帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宍道地溝帯の関連キーワード松江(市)